コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミツボミ(海蕾) ウミツボミ

1件 の用語解説(ウミツボミ(海蕾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウミツボミ【ウミツボミ(海蕾)】

オルドビス紀~二畳紀に栄えた有柄棘皮動物の絶滅綱Blastoidea。形が植物のつぼみに似るのでこの名がある。ほぼ完全な放射相称をなす点は棘皮動物の標式的な形態を示し,ウミリンゴ類と異なる。13個の石灰板がみごとに配列し,多数の指板をもつ歩帯がある。歩帯下の空洞にある水管が特徴であり,褶状の水管褶の発展段階によって分類されている。アメリカの石炭紀のPentremitesイラスト)は有名。【森下 晶】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミツボミ(海蕾)の関連キーワードオルドビス紀棘皮動物古生代海蕾海林檎オルドビス系三葉虫直角石筆石ハリシテス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone