コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミバト(海鳩) ウミバトpigeon guillemot

世界大百科事典 第2版の解説

ウミバト【ウミバト(海鳩) pigeon guillemot】

ケイマフリに似た中型のチドリ目ウミスズメ科の鳥(イラスト)。カムチャツカ半島,チュコート半島,千島列島,アレウト列島,北アメリカ大陸北西海岸などで繁殖し,冬はやや南下する。日本には冬鳥として渡来するが数は少なく,おもに北日本の海上に見られる。全長約33cm,夏羽では全体が暗灰黒色で,雨覆いは白くて2本の黒線がある。くちばしは細くて先がとがり黒色,脚は赤色。冬羽では体の上面は灰黒褐色,翼は灰黒色で雨覆いは白くて2本の黒線があり,体の下面は汚白色の地に褐色の細かい横斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android