コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミバト(海鳩) ウミバト pigeon guillemot

1件 の用語解説(ウミバト(海鳩)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウミバト【ウミバト(海鳩) pigeon guillemot】

ケイマフリに似た中型のチドリ目ウミスズメ科の鳥(イラスト)。カムチャツカ半島チュコート半島千島列島アレウト列島北アメリカ大陸北西海岸などで繁殖し,冬はやや南下する。日本には冬鳥として渡来するが数は少なく,おもに北日本の海上に見られる。全長約33cm,夏羽では全体が暗灰黒色で,雨覆いは白くて2本の黒線がある。くちばしは細くて先がとがり黒色,脚は赤色。冬羽では体の上面は灰黒褐色,翼は灰黒色で雨覆いは白くて2本の黒線があり,体の下面は汚白色の地に褐色の細かい横斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミバト(海鳩)の関連キーワード千鳥海雀海鳥けいまふり白千鳥蜂雀雀踊千鳥目雀のミサ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone