コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミヒノキ(海檜) ウミヒノキMacrorhynchia phoenicea

1件 の用語解説(ウミヒノキ(海檜)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウミヒノキ【ウミヒノキ(海檜) Macrorhynchia phoenicea】

ヒドロ虫綱ハネガヤ科の腔腸動物(刺胞動物)。本州中部以南に分布し,水深数mの海底の岩などに付着する。高さ10~30cmの黄褐色~暗褐色の羽状の群体になる。1本の幹から同一平面に左右に枝をだし,幹と各枝からは多くの小枝を互生する。各小枝は規則正しく節に分かれ,各節にヒドロ莢(きよう)をつける。ヒドロ莢は土瓶状の形をしていて,背側は茎に付着し,口は斜め上方に開き,口縁の左右に3個と背部に1個の歯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone