コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミヤナギ(海柳) ウミヤナギ Virgularia gustaviana

1件 の用語解説(ウミヤナギ(海柳)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウミヤナギ【ウミヤナギ(海柳) Virgularia gustaviana】

花虫綱ウミヤナギ科の腔腸動物(刺胞動物)。別名ヤナギウミエラ。相模湾以南に分布し,10m以深の海底の砂泥中に朱色の柄部で直立している。長さ30~70cmの骨軸を中心にして上半部には紫色の三角状の葉状体が並び,下方にいくにつれて発育が悪くなる。骨軸はよく発達していて,断面は四角形。葉状体の上縁には200個以上の大きなポリプが並んでいる。ポリプ鞘(しよう)は滑らかで突起はない。近縁種のホソウミエラScytalium sprendensは日本沿岸各地の水深20~30mの砂泥底よりふつうに採集され,葉状体の外縁には40個ほどのポリプが1列に並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミヤナギ(海柳)の関連キーワード腔腸動物刺胞刺胞動物海唐松海鶏冠海サボテン海檜葉砂巾着花巾着柳海鰓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone