コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミリンゴ(海林檎) ウミリンゴ

世界大百科事典 第2版の解説

ウミリンゴ【ウミリンゴ(海林檎)】

オルドビス紀中期~デボン紀後期に栄えた原始的な有柄棘皮(きよくひ)動物の絶滅綱Cystoidea(イラスト)。一般に球状の苞(ほう)からなり,苞は多くの不規則な石灰板でおおわれている。重要な形質は石灰板の孔の性質と食物を摂取する指板である。苞または柄で直接海底の地物に固着して生存していた。【森下 晶】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android