コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミリンゴ(海林檎) ウミリンゴ

世界大百科事典 第2版の解説

ウミリンゴ【ウミリンゴ(海林檎)】

オルドビス紀中期~デボン紀後期に栄えた原始的な有柄棘皮(きよくひ)動物の絶滅綱Cystoidea(イラスト)。一般に球状の苞(ほう)からなり,苞は多くの不規則な石灰板でおおわれている。重要な形質は石灰板の孔の性質と食物を摂取する指板である。苞または柄で直接海底の地物に固着して生存していた。【森下 晶】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android