コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウメガサソウ(梅笠草) ウメガサソウChimaphila japonica

2件 の用語解説(ウメガサソウ(梅笠草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウメガサソウ(梅笠草)
ウメガサソウ
Chimaphila japonica

イチヤクソウ科の常緑多年草。日本全土,サハリン,南千島,台湾,アジア大陸東部に分布し,低山地や海岸の林中に生える。茎は高さ5~10cm。葉は2~3枚ずつ輪生し,長楕円形で長さ 1.5~3cm,幅6~10mm,硬くて光沢があり縁にとがった鋸歯をもつ。花期は6~7月で,茎の先に高さ4~8cmの花序が伸び,細かい突起毛と上方に1~3枚の包葉がある。花は1~2個,径 1cmで白色,初めやや下向きに咲く。は5裂,おしべは 10本で花糸の基部はふくれて毛が生え, (やく) は頂に穴があいて花粉を出す。果実は扁球形。和名は花形がウメに似て下向きにつくことによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウメガサソウ【ウメガサソウ(梅笠草) Chimaphila japonica Miq.】

低地の林中に生えるイチヤクソウ科の常緑多年草(イラスト)。初夏にウメに似た白色の花を下向きに開く。茎は直立して高さ5~10cm,年次を異にする葉が3~6枚ずつ2~3段につく。葉は長楕円形または披針形で長さ2~3.5cm,幅0.5~1.3cm,革質,先はとがり,とがった鋸歯がある。茎の先に花茎を伸ばし1個,まれに2個の花がつく。花は広鐘形で径約1cm,離生する5枚の花弁と10本のおしべがある。子房は無毛。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone