コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウメモドキ(梅擬) ウメモドキIlex serrata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウメモドキ(梅擬)
ウメモドキ
Ilex serrata

モチノキ科の落葉低木で,北海道を除く日本各地の山地に生じる。特に谷筋や低湿の地に多い。枝はよく分枝し,互生する葉は長さ3~8cmの楕円形で両面はややざらつく。縁には細かい鋸歯がある。初夏に,葉腋に数個ずつの花をつける。花は単性花で雌雄異株につき,雌雄花とも径3~4mmの淡い紫紅色の5弁花で,雄花には5本のおしべが,雌花にはめしべ1本と仮雄ずい5本がある。果実は径 5mmほどの球形で普通は赤く熟する。果実が白色や黄色になるものもある。なお,近縁の別種フウリンウメモドキ I. geniculataは長い花柄の先に花がつき,赤い果実が下垂する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウメモドキ(梅擬)の関連キーワードモチノキ科

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android