コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウメ輪紋ウイルス

1件 の用語解説(ウメ輪紋ウイルスの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウメ輪紋ウイルス

アブラムシが媒介するなどしてウメやモモなどサクラ属の果樹に感染する外来種のウイルス。感染すると、葉に斑紋ができ、商品価値が損なわれたり、果実が成熟前に落ちたりして悪影響を及ぼす。感染樹の果実を食べても人体に影響はない。2009年に東京都青梅市で国内で初めて感染が確認された。

(2013-08-22 朝日新聞 朝刊 和歌山3 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウメ輪紋ウイルスの関連キーワード虫こぶワタアブラムシ油虫・蚜虫七島熱五倍子虫アブラムシ(蚜虫)ヒラタアブ(平虻)モモアカアブラムシアブラムシ(コウモリ)アブラムシ(ゴキブリ)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウメ輪紋ウイルスの関連情報