コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジオストク要塞(ようさい)

1件 の用語解説(ウラジオストク要塞(ようさい)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウラジオストク要塞(ようさい)

ロシア帝国は中国・清朝と1860年に結んだ北京条約沿海地方を獲得、ウラジオストク建設が始まった。71年にシベリア小艦隊の拠点となり、対日戦を想定して89年から要塞建設に着手。防塁や砲台のほか軍用道路や鉄道も整備。配備された将兵は最大で約8万人に達した。ロシア革命などで1918年に建設中止。軍事的価値の低下で23年以降はほとんど使われなかった。

(2013-05-02 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウラジオストク要塞(ようさい)の関連キーワードロシア人ロシア帝国ハカシアロシアン・ブルーロシア極東と中国の貿易グルジアとロシアの対立ゴルドバッハ大ロシア主義ロシア帝国法典ロシア帝国法律大全

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone