コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジロエノキ(裏白榎) ウラジロエノキTrema orientalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラジロエノキ(裏白榎)
ウラジロエノキ
Trema orientalis

ニレ科の常緑高木。東南アジアオーストラリア太平洋諸島にかけての熱帯,亜熱帯に広く分布する。伐採後の二次林に育つことが多い。日本では琉球列島小笠原諸島および南九州の一部に生える。幹は灰褐色で高さ 10~15mになる。葉は互生し,柄は短い。葉身は長さ7~15cmの長卵形で先端はとがり基部はやや心形,縁に鋸歯があり,質は厚い。葉面,特に裏面に白い綿毛が密生し,白く見える。春から夏を通じて,葉腋小花を集めてつけ,径4~5mmの球形で黒熟する果実を結ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウラジロエノキ【ウラジロエノキ(裏白榎) Trema orientalis Blume】

暖地の日当りの良い所に生えるニレ科の常緑高木で,葉はエノキに似るが,裏に伏毛が密生し,銀白色を呈する(イラスト)。高さは時に15mに達し,よく分枝して新枝には短い伏毛が密生する。葉は互生し,卵状長楕円形ないし広披針形で,長さ7~15cm,先端は長くとがり,基部は左右に多少ゆがんで3~5本の主脈を出し,縁に鈍い鋸歯があって質はやや厚い。3月から9月に,葉腋(ようえき)から長さ1.5~3cmの集散花序を出して,小さい花を多数つける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウラジロエノキ(裏白榎)の関連キーワード暖地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android