ウラジロマタタビ(読み)うらじろまたたび

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラジロマタタビ
うらじろまたたび
[学]Actinidia hypoleuca Nakai

マタタビ科の落葉藤本(とうほん)。サルナシに似るが、葉の裏面が白色になり、花の萼片(がくへん)の縁(へり)に毛がほとんどない点で異なる。5~6月ごろ、白いウメに似た花をつける。関東地方以西の本州、四国、九州の暖帯に分布する。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android