ウラジーミル(1世)(読み)うらじーみる(英語表記)Владимир СвятославичVladimir Svyatoslavich

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラジーミル(1世)
うらじーみる
Владимир Святославич Vladimir Svyatoslavich
(?―1015)

ロシアのキエフ大公。980年ごろ兄ヤロポルクを殺し、キエフを奪取。四方の敵と戦い、キエフ大公国の版図を大いに拡大した。988年、ビザンティン皇帝の妹アンナを妃(きさき)に迎えたのを機会に、帝国に倣って東方キリスト教を国教として採用した。このため聖ウラジーミルとよばれる。その治世下、キエフ・ロシアは政治、経済、文化面において発展し、後代の人々に強い印象を与えた。英雄叙事詩ブイリーナбылина/blinaでしばしば公がたたえられているのはその現れである。[栗生沢猛夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android