ウラディーミル フェドセーエフ(英語表記)Vladimir Fedoseev

現代外国人名録2012の解説

ウラディーミル フェドセーエフ
Vladimir Fedoseev


国籍
ロシア

専門
指揮者

肩書
チャイコフスキー・アカデミー交響楽団音楽監督・首席指揮者

本名
Vladimir Ivanovich Fedoseev

生年月日
1932/8/5

出生地
ソ連 ロシア共和国レニングラード

学歴
グネーシン音楽教育大学卒;チャイコフスキー音楽院指揮科卒

経歴
レニングラードの音楽学校に学び、民族楽器バヤンと指揮を専攻。1959年ロシア民俗楽器放送管弦楽団首席指揮者となるが、さらにモスクワの音楽院でギンスブルクに指揮を師事。’72年からソ連の主要歌劇場で指揮者として活躍、’74年ロジェストヴェンスキーの後任としてモスクワ放送交響楽団(現・チャイコフスキー・アカデミー交響楽団)の音楽監督・指揮者に就任。’90年チャイコフスキーの交響曲「悲愴」の終楽章をアンダンテで指揮し注目を集める。’97年〜2004年ウィーン交響楽団首席指揮者。2000年2月公演で来日。1996年から東京フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者を務める。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android