コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウランの転換工場と再転換工場

1件 の用語解説(ウランの転換工場と再転換工場の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウランの転換工場と再転換工場

使用済み核燃料の再処理工場で取り出されたウランは、再び燃料に加工するため遠心分離による「濃縮」に回される。この工程の前に、粉末のウランを気化しやすいことが特徴の六フッ化ウランに変えておく必要がある。この工程を担うのが転換工場。さらに濃縮したウランを燃料に加工するには粉末に戻す必要があるが、この化学処理が再転換工場で行われる。国内に今、転換工場はない。再転換は茨城県東海村に2社の工場があったが、うちJCOの工場が99年に臨界事故を起こして閉鎖し、今は三菱原子燃料1社のみ。転換、再転換工場と高レベル廃棄物の最終処分場ができることで国内の核燃サイクル事業の「輪」は完成に近づく。

(2008-01-06 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone