コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリクサ(瓜草) ウリクサLindernia crustacea (L.) F.Muell.

世界大百科事典 第2版の解説

ウリクサ【ウリクサ(瓜草) Lindernia crustacea (L.) F.Muell.】

畑や庭などのやや湿気の多い所に生える雑草で,ゴマノハグサ科一年草イラスト)。夏から秋にかけて淡紫色唇形花をつける。和名果実が瓜に似るのでいう。茎はまばらに分枝して広がり,長さ10~20cm。は短い柄があり,卵形で先はあまりとがらず,長さ7~20mm,幅6~13mm,粗い鋸歯がある。上部の葉のわきから細い花柄を伸ばして1花をつける。は筒形で先が短く5裂し,5本のがある。花冠は長さ約7mm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android