コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルグアイ・ラウンド Urguay Round

世界大百科事典 第2版の解説

ウルグアイ・ラウンド【Urguay Round】

GATT(ガット)が主催した第8回一般関税交渉の通称で詳しくはUrguay Round of multinational trade negotiations。ケネディ・ラウンド東京ラウンドに続くもので,1986年ウルグアイのプンタ・デル・エステで開始されたのでこう呼ばれる。前2回のそれと違い,貿易の中で比重を大きくしてきたサービス貿易や知的所有権,市場アクセスの問題や保護主義的傾向の強い農業などがおもな対象とされた点が特徴。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウルグアイ・ラウンドの関連キーワード世界貿易機関(WTO:World Trade Organization)WTO(World trade organization)知的所有権の貿易関連の側面に関する協定ウルグアイ・ラウンド農業対策費ミニマム・アクセス(MA)米ウルグアイ・ラウンド農業合意ミニマムアクセス(MA)米関税化とミニマムアクセスリクエスト・オファー方式モダリティ(交渉の大枠)日本・アセアンフォーラム貿易政策サーベイランスミニマム・アクセス米AMS(助成合計量)関税一括引下げ交渉ミニマムアクセス米ミニマム・アクセススタンドスティル非貿易的関心事項貿易政策レビュー

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウルグアイ・ラウンドの関連情報