コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルグ・ベク Ulugh Beg

1件 の用語解説(ウルグ・ベクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウルグ・ベク【Ulugh Beg】

1394‐1449
西アジアティムール朝の第4代君主。在位1447‐49年。ティムールの孫でシャー・ルフの子。父に代わってサマルカンド地方を支配したが,すぐれた学者であり,ことに天文学に詳しかった。1420年ごろサマルカンドの東郊に大天文台を建設し,ここで行った観測を基礎に天文表を作った。これには1018個の恒星の位置観測が含まれている。シャー・ルフの没後,国内は乱れ,ウルグ・ベクはその子が雇った刺客の手にかかって殺され,それとともにティムール朝は急速に衰えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウルグ・ベクの関連キーワード西アジア小アジアスールナイ帖木児チムール帝国ティムールビクティムアジアダラーアジアンポップスウルグベグ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルグ・ベクの関連情報