コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルグ・ベク Ulugh Beg

1件 の用語解説(ウルグ・ベクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウルグ・ベク【Ulugh Beg】

1394‐1449
西アジアティムール朝の第4代君主。在位1447‐49年。ティムールの孫でシャー・ルフの子。父に代わってサマルカンド地方を支配したが,すぐれた学者であり,ことに天文学に詳しかった。1420年ごろサマルカンドの東郊に大天文台を建設し,ここで行った観測を基礎に天文表を作った。これには1018個の恒星の位置観測が含まれている。シャー・ルフの没後,国内は乱れ,ウルグ・ベクはその子が雇った刺客の手にかかって殺され,それとともにティムール朝は急速に衰えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ウルグ・ベクの関連キーワード宝徳ウルグベグ英宗ウルグベク英宗文安土木の変足利義持アイリンク1394

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルグ・ベクの関連情報