コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルシグサ(漆草) ウルシグサDesmarestia ligulata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルシグサ(漆草)
ウルシグサ
Desmarestia ligulata

褐藻類ケヤリモ目ウルシグサ科の海藻。扁平膜質で中肋が発達し,羽状に広い線状の小葉に分れている。色は栗色であるが,死ぬと青みのある色に変る。藻体は高さ 60~100cmになる。低潮線付近の岩上に着生する。全世界的に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウルシグサ【ウルシグサ(漆草) Desmarestia ligulata (Lightfoot) Lamour.】

寒流域の低潮線下に生育する褐藻ウルシグサ科の海藻。高さ60~100cmの主軸から側枝を規則正しく羽状に出し,側枝はさらに小枝を羽状に出す。主軸も枝もともに扁平で,主軸の幅は3~6mmとなる。生時の藻体は黄褐色であるが,死ぬと体内から硫酸を出して緑色に変わり,体はぼろぼろにくずれる。またいっしょにあった他の海藻も変色させ,ぼろぼろにしてしまう。 ウルシグサ属Desmarestiaの多くの種は,世界各地の寒海域に分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android