コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルジャーイトゥー廟 ウルジャーイトゥーびょうMausoleum of Sultan Oljeitu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルジャーイトゥー廟
ウルジャーイトゥーびょう
Mausoleum of Sultan Oljeitu

イランのスルターニエに,イル・ハン朝第8代のハン,ウルジャーイトゥーが 1305~13年に建てたみずからの墓廟で,中世イスラム廟建築を代表する遺構。大ドームをいただき,八角形を示す幾何学的構成をもつ本体と,一方向へ突き出た低い墓室とからなる。荒廃しているが,もと屋上には8基のミナレットが建ち,壁面には淡青色を基調とする彩釉タイル装飾が施されて,壮麗な外観を呈していた。 2005年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウルジャーイトゥー廟の関連キーワードイル・ハン朝美術

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android