コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルジャーイトゥー ウルジャーイトゥーUljāytū; Öljeytü

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルジャーイトゥー
Uljāytū; Öljeytü

[生]1280
[没]1316.12.16. スルターニエ
イランのモンゴル王朝,イル・ハン国第8代のハン (在位 1304~16) 。第7代ガーザーン・ハン (合賛汗) の弟。シーア派イスラムを信奉,ギヤース・ウッディーン・ムハンマド・フダー・バンデ・ウルジャーイトゥー・スルターンの号を称した。宰相サード・ウッディーンとラシード・ウッディーンの補佐のもとにガーザーンの改革政治の成果を享受し,スルターニエを中心として安定した治世を現出せしめた。外交面では,晩年を除いて,キプチャク・ハン国チャガタイ・ハン国との間は平穏であったが,マムルーク朝と敵対し,そのためにヨーロッパのキリスト教諸国との同盟関係確立に努めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウルジャーイトゥーの関連キーワードジャーミ・アッタワーリーフウルジャーイトゥー廟イル・ハン朝美術ザンジャーン州カーシャーニーワッサーフ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android