コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルストン ウルストンWoolston, Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルストン
Woolston, Thomas

[生]1670. ノーサンプトン
[没]1733.1.27. ロンドン
イギリスの神学者,理神論者,論争家。ケンブリッジ大学に学ぶ。 1691年同大学フェロー (特別研究員) 。オリゲネスの研究から聖書の比喩的解釈へと進んだ。 1721年精神錯乱を理由にフェローの職を解かれた。晩年,聖書解釈が原因で裁判にかけられ,獄中で死んだ。主著『復活せるユダヤ人と異邦人に対するキリスト教の真理のための古き弁証論』 The Old Apology for the Truth of the Christian Religion Against the Jews and Gentiles Revived (1705) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウルストンの関連キーワードシェリー(Mary Wollstonecraft Shelley)フランケンシュタイン(シェリー夫人の小説)プライス(Richard Price)ウォルストンクラーフトウルストンクラフト女性の権利の擁護ウーマン・リブフェミニズム女性参政権ゴドウィン4月27日男女平等シェリー女性運動ボイル

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android