ウルドの泉(読み)うるどのいずみ(英語表記)Urar-brunnr

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルドの泉
うるどのいずみ
Urar-brunnr

北欧神話に現れる泉の名。『エッダ』とアイスランドの学者スノッリ・スツルソンによれば、大樹イグドラシルのそばに湧(わ)く泉で、その名はそこに集まる3人の運命の女神の1人ウルドに由来する。彼女らは人間の子らの寿命を定めて運命を告げるといい、またイグドラシルの樹(き)が枯れないように、この泉から汲(く)んだ水を大樹に注ぐという。この泉は神聖な泉とされ、中に入るものはすべて白くなるという。ハクチョウもこの泉に由来するとされている。[谷口幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android