ウルバヌス5世(読み)ウルバヌスごせい(英語表記)Urbanus V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルバヌス5世
ウルバヌスごせい
Urbanus V

[生]1310頃.ラングドック
[没]1370.12.19. アビニョン
フランス出身の教皇 (在位 1362~70) 。福者。本名 Guillaume de Grimoard。最大のアビニョン教皇,ベネディクト会士。 1352年オーセールのサンジェルマン,61年マルセーユのサンビクトルの大修院長。教皇として教会の改革,学問を奨励。 67年ローマに戻り,69年東ローマ皇帝ヨハネス5世をカトリックに受入れたが教会合同は実現せず,同年のペルジアの反抗,英仏戦争調停の意図などにより,廃虚となったローマから 70年9月アビニョンに帰還。祝日 12月 19日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android