ウルマン(読み)うるまん(英語表記)John Woolman

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルマン(John Woolman)
うるまん
John Woolman
(1720―1772)

アメリカの植民地時代のクェーカー派の博愛家。服屋、パン屋、商店主として自活、のち巡回伝道者となる。インディアンや黒人奴隷を正当に扱うことを主張し、富貴と戦争とを批判、富の公平な配分を唱えた。文体は明晰(めいせき)、『黒人使用の考察』(1754)、『貧民弁護論』(1763)、『日記』(1774)が優れている。川 羔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウルマンの関連情報