コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルルのカタジュタ-カルチャーセンター ウルルのカタジュタカルチャーセンター

1件 の用語解説(ウルルのカタジュタ-カルチャーセンターの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ウルルのカタジュタカルチャーセンター【ウルルのカタジュタ-カルチャーセンター】

オーストラリアの中央部、ウルルの麓に位置する、先住民アボリジニのアナング族の人々の歴史、生活、芸術的価値の高いアートを展示している博物館。地元のアボリジニ人が、世界遺産に登録されたウルル国立公園やアボリジニ文化を紹介してくれる。◇英名は「Uluru-Kata Tjuta Cultural Centre」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルルのカタジュタ-カルチャーセンターの関連キーワードオーストラリア区ホークオーストラリア亜区オーストラリアンバロットオーストラリア室内管弦楽団オーストラリアン・キャトル・ドッグオーストラリアン・テリアオーストラリアン・ヒーラーオーストラリアン・ミスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone