コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウロコケイソウ(鱗ケイ藻) ウロコケイソウRhizosolenia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウロコケイソウ(鱗ケイ藻)
ウロコケイソウ
Rhizosolenia

ケイ藻類中心ケイ藻類ウロコケイソウ科。内陸の湖沼産の淡水生種,暖海の遠洋性の海産種など多数の種が知られているが,いずれもプランクトン生活をする。細胞には両端に顕著な突起があり,両殻の間にはいわゆる中間帯が発達している。これに鱗状の紋様がみえるのでウロコケイソウと呼ばれている。しばしばこの両端で各個体が1列に並び長い鎖状になる。なお,このケイ藻にはツツガタケイソウの名もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android