コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウロコタケ(鱗茸) ウロコタケStereum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウロコタケ(鱗茸)
ウロコタケ
Stereum

担子菌類ヒダナシタケ目コウヤクタケ科の1属。日本産のもの約 20種が記録されている。諸種広葉樹枯れ木表面に発生する。傘は革質,まれに膠質多年生,柄を欠き扇形ないし半円形下面に多孔性の子実層を生じる。表面の色は種によって多彩。材の腐朽菌ともみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android