コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウロコムシ(鱗虫) ウロコムシscale‐worm

世界大百科事典 第2版の解説

ウロコムシ【ウロコムシ(鱗虫) scale‐worm】

多毛綱ウロコムシ科Polynoidaeに属する環形動物の総称。広義にはホガタウロコムシ科,ノラリウロコムシ科,コガネウロコムシ科をも含めることがある。 ウロコムシ科の大部分は潮間帯の石の下や海藻の根部の間などにすんでいるが,ヒトデ類,ウニ類やウミユリ類の体の表面に付着して共生するものや,フサゴカイの棲管(せいかん)の中で共生するものもある。背体の背面両側に対になって背鱗が屋根瓦のように隔節に並ぶ。ウロコムシの名もこれによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウロコムシ(鱗虫)の関連キーワードウロコムシ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android