コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウロコムシ(鱗虫) ウロコムシ scale‐worm

1件 の用語解説(ウロコムシ(鱗虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウロコムシ【ウロコムシ(鱗虫) scale‐worm】

多毛綱ウロコムシPolynoidaeに属する環形動物の総称。広義にはホガタウロコムシ科,ノラリウロコムシ科,コガネウロコムシ科をも含めることがある。 ウロコムシ科の大部分は潮間帯の石の下や海藻の根部の間などにすんでいるが,ヒトデ類,ウニ類やウミユリ類の体の表面に付着して共生するものや,フサゴカイの棲管(せいかん)の中で共生するものもある。背体の背面両側に対になって背鱗が屋根瓦のように隔節に並ぶ。ウロコムシの名もこれによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウロコムシ(鱗虫)の関連キーワード多毛類磯蚯蚓海毛虫鱗石鱗雲鱗虫毛綱芋虫ころころ鱗苔玉敷沙蚕

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone