コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウワダン Ouadane

デジタル大辞泉の解説

ウワダン(Ouadane)

モーリタニアの北西部にある町。12世紀から16世紀、サハラ交易の要衝として栄えた。中心のモスクを囲むように家屋を配した、クサールとよばれる旧市街の遺構が残る。1996年、他の中継都市とともに「ウワダンシンゲッティティシット及びウワラタの古い集落」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ウアダン。ワダン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ウワダンの関連キーワードウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android