コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウワダン Ouadane

デジタル大辞泉の解説

ウワダン(Ouadane)

モーリタニアの北西部にある町。12世紀から16世紀、サハラ交易の要衝として栄えた。中心のモスクを囲むように家屋を配した、クサールとよばれる旧市街の遺構が残る。1996年、他の中継都市とともに「ウワダンシンゲッティティシット及びウワラタの古い集落」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ウアダン。ワダン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ウワダンの関連キーワードウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android