コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウワラタ Oualata

デジタル大辞泉の解説

ウワラタ(Oualata)

モーリタニアの南東部にある町。12世紀から16世紀、サハラ交易の要衝として栄えた。モスクを中心に家屋を配した伝統的集落、クサールの遺構が残る。土を塗り固めた家の外壁に、美しい幾何学模様を描く独特な装飾で知られる。1996年、他の中継都市とともに「ウワダンシンゲッティティシット及びウワラタの古い集落」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ワラッタ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ウワラタの関連キーワードウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android