ウンター・デン・リンデン通り(読み)うんたーでんりんでんどおり(英語表記)Unter den Linden

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンター・デン・リンデン通り
うんたーでんりんでんどおり
Unter den Linden

ベルリンのミッテ(中央)区にある「菩提樹(ぼだいじゅ)の下」という意味の大通り。ブランデンブルク門から東へ、シュプレー川の川中島(博物館島)まで延びる大通り。北側にフンボルト大学(旧ベルリン大学)、南側に国立オペラ劇場がある。17世紀後半、フリードリヒ・ウィルヘルム大選帝侯の時代に、それまでの城の西側に設計された格子状市街の通りである。第二次世界大戦前は、「6月17日通り」までを含み、パリのシャンゼリゼ、ロンドンのストランド街にも比せられるドイツの看板通りであった。この通りを含むベルリンの博物館島は1999年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[佐々木博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android