ウンダーリヒ(読み)うんだーりひ(英語表記)Karl Reinhold August Wunderlich

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンダーリヒ(Karl Reinhold August Wunderlich)
うんだーりひ
Karl Reinhold August Wunderlich
(1815―1877)

ドイツの内科医。体温曲線の創始者。1837年チュービンゲン大学を卒業し、パリとウィーンで医学の見聞を広めた。25歳のとき『ドイツおよびフランスにおける現代医学の治療と批判』を著し、医学はパリやウィーンのように、自然科学的でなければならないと主張した。1846年チュービンゲン大学教授となり、1850年にライプツィヒ大学に転任した。1859年著書『医学史』を、1868年に体温測定に関する著書『臨床検温知見』を出版した。外科教授チールシュKarl Thiersch(1822―1895)や生理学教授ルートウィヒとともに、ライプツィヒ大学の学風を大いに顕揚した。[古川 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android