コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンマ党 うんまとう

世界大百科事典内のウンマ党の言及

【マフディー派】より

… 85年にマフディーが死ぬと,カリフ,アブド・アッラーフ・ブン・ムハンマド‘Abd Allāh b.Muḥammad(1846ころ‐99)がこれを率いたが,98年同国家はイギリス軍に滅ぼされた。以後,教団は革命的性格を失い,しだいに親英的立場に移行したが,エジプトとの統合に反対してスーダンの独立を求めるウンマ党の基盤となり,ミールガニー派(ハトミーヤ)と対立しつつ政治的影響を保持した。マフディーの子孫が教団のイマーム,ウンマ党党首となったが,1970年軍事政権下で弾圧され,同年イマームの暗殺後はイマームを置いていない。…

※「ウンマ党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウンマ党の関連キーワード民族イスラム戦線[スーダン]サーディック マフディーM.A. マハグーブアブドラ カリルスーダン(国)マフグーブ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android