ウーコンシャン(武功山)山脈(読み)ウーコンシャンさんみゃく(英語表記)Wugong shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーコンシャン(武功山)山脈
ウーコンシャンさんみゃく
Wugong shan

中国南東部,チヤンシー (江西) 省からフーナン (湖南) 省にかけて延びる北東から南西方向の山脈。ルオシヤオシャン (羅霄山) 山脈の北部をなす。主峰はチヤンシー省にあるカオティエン (高天) 崖で標高 2020m。地下資源が豊富で,チヤンシー省ではピンシヤン (萍郷) 市とヨンシン (永新) 県の石炭と鉄,シンユイ (新余) 市の鉄,フーナン省ではリーリン (醴陵) 市のマンガン,チャーリン (茶陵) 県のタングステンなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android