ウースチー・ナド・ラベム(英語表記)Ústí nad Labem

世界大百科事典 第2版の解説

ウースチー・ナド・ラベム【Ústí nad Labem】

チェコの北ボヘミアにあるビーリナBílina川とラベ(エルベ)川の合流点に発展した工業都市。ドイツ語ではアウシヒアン・デル・エルベAussig an der Elbe。人口9万7000(1996)。マイセンと結ぶ交通の要地で,すでに10世紀にはここに税関が設置された。プシェミスル・オタカル2世(在位1253‐78)の時代に都市に昇格。1426年,プロコプProkop Holy(?‐1434)率いるフス派軍がマイセン辺境伯軍と衝突し,勝利した古戦場としても知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android