コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーソン(呉淞)江 ウーソンこうWusong jiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーソン(呉淞)江
ウーソンこう
Wusong jiang

旧称はソン (松) 江で,スーチョウ (蘇州) 河の別名もある。中国東部,シャンハイ (上海) 市の中心地域を流れる川。チヤンスー (江蘇) 省南部のタイ (太) 湖から流出し,シャンハイ市でホワンプー (黄浦) 江と合流してチャン (長) 江に注ぐ。全長 125km。古くは東流してチャン江の河口に流入しており,唐代には下流の川幅が 10kmほどもある大河であった。チャン江三角州の発達によって川幅がせばまり,しばしば洪水を起したので,元代にホワンプー江と結ぶ河道が開かれて合流するようになった。流域の灌漑と交通に重要な役割を果し,また合流点付近は清代末から綿紡織を中心に多数の工場が建設され,工業地域となっている。河水の汚染が激しかったが,1960年代末から工場の廃水処理が進められ,再び水は澄んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウーソン(呉淞)江の関連キーワードスーチョウ(蘇州)特別市シャンハイ(上海)直轄市ホワンプー(黄浦)江タイ(太)湖

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android