コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーレ Uhle, Friedrich Max

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーレ
Uhle, Friedrich Max

[生]1856.3.25. ドレスデン
[没]1942. バークリー
ドイツ人でペルー考古学の先駆者。ドレスデン博物館でアンデス考古学者の A.スチューベルに師事し,ボリビアのティアワナコ遺跡の調査後は,ペルー,チリ,エクアドルの考古学研究に専念。特にペルー海岸地帯のパチャカマ,チャンチャンなどの大遺跡の発掘を手がけ,多大な業績を収めた。またリマ市やサンチアゴ市に博物館を建設し,膨大な資料を系統的に分類して,アンデス考古学の編年的枠組みをつくり上げた。主著に『パチャカマ』 (1903) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウーレ【Max Uhle】

1856‐1944
ドイツ生れの考古学者。考古学と民族学を専攻,ドレスデン博物館に勤務ののち,ペルーに渡る。パチャカマ遺跡の発掘で,アンデス先史文化の編年の基礎を確立。その後,ペルー中部から北部の海岸地帯の発掘をはじめ,ボリビア,チリ,エクアドルにおいても精力的に調査を進めた。層位学と型式学にもとづく厳密な編年研究を導入し,アンデス考古学の土台を築いた功績は大きい。【大貫 良夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウーレの関連キーワードJ.P.B. デ・ヨセリン・デ・ヨングジェームス・ローランド エンジェルグィード・マリーア ドレーヴェスティル・オイレンシュピーゲルS.A. ハウトスミットフォーレル水色標準液ランジュバン方程式アミン(化合物)ティアワナコ遺跡ハウトスミットH. ルベーグスピン量子数12月6日ストラット海洋観測炭水化物炎色反応ボイデルアミド象の檻

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android