コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウー・ヌ U Nu

世界大百科事典 第2版の解説

ウー・ヌ【U Nu】

1907‐95
ミャンマーの政治家。ミャウンミャ県ワーケーマ町出身。1929年ラングーン大学文学部卒業後,高校教師。35年法学部に再入学後,学生連盟委員長となり,36年の学生のストライキを指導,政治運動に乗り出すが,40年逮捕投獄された。日本軍のビルマ進駐に伴い出獄,43年バモー内閣の外相,44年情報相。45年〈反ファシスト人民自由連盟〉副総裁,47年制憲議会議長に選出された。同年7月アウンサンの暗殺に伴い行政参事会副議長(首相)に就任,10月〈ヌ=アトリー協定〉を締結した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のウー・ヌの言及

【東南アジア】より

…ミャンマーではかつて,15%の非仏教徒の反対を押し切って,仏教の国教化を強行したことによって,政治的混乱が発生した。多民族国家であるミャンマーは,建国以来世俗国家を目ざし,宗教間のあつれきを避ける政策を採ってきたが,ウー・ヌ首相は,多数派である仏教徒の圧力を政治的に利用して憲法改正を行い,ミャンマーを仏教国家としようとしたため,非仏教徒の反発を招き,1962年に失脚してしまった。ミャンマーの新憲法(1974)では,宗教の政治的利用が禁止され,政教分離の原則が明確に打ち出されている。…

【ミャンマー】より

…56年の総選挙では,弱小10政党が合同結成した民族統一戦線が250議席中47議席を獲得して与党をあわてさせた。与党内部では,指導者のウー・ヌとウー・バスウェ,ウー・チョーニエインとの間に亀裂が入った。両派の対立が激化し,58年6月には分裂したため,ネーウィン参謀総長が担ぎ出され,選挙管理内閣が組織された。…

※「ウー・ヌ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウー・ヌの関連キーワードタキン・タン・トゥンカバーエービルマ型社会主義アウン・サンネー・ウィン5月25日平和五原則タキン・ヌネーウィンウ・タントネ・ウィンウー・ヌビルマ史