エアクッション型揚陸艇(LCAC〈エルキャック〉)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エアクッション型揚陸艇(LCAC〈エルキャック〉)

空気を下面に吹き付けて浮上し、60トンもの物資を積んで時速70キロ以上で航行できる。水上でも陸上でも移動できるため、大型の揚陸艦から戦車などを上陸させる目的で使われる。強力なプロペラを回して浮上力や推進力を得るため、激しい騒音が生じる。米海軍などによると、米軍による日本国内での配備は1992年からで、現在は西海市のみに7機ある。

(2018-05-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android