コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアソフトガン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エアソフトガン

圧縮空気やガスの力で直径6ミリ、重さ0・2グラム前後のプラスチック製「BB弾」を飛ばす。迷彩服などを着て野山で撃ち合う「サバイバルゲーム」で使われる。多くの自治体は「有害玩具」として販売対象年齢を制限する。改正銃刀法では、銃口から1メートルまでの弾速が毎秒99メートルを超えると違法の恐れがある。

(2007-10-28 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

エアソフト‐ガン(airsoft gun)

圧縮した気体を使ってプラスチック製の弾丸を発射する、本物の銃器を模した遊戯用の銃。→空気銃モデルガン
[補説]銃刀法では、発射される弾丸の運動エネルギーが銃口から1メートルの位置で平方センチメートルあたり20ジュール未満のものがエアソフトガンにあたるが、平成18年(2006)の法改正により、運動エネルギーが3.5ジュール以上のエアソフトガンは、人に傷害を与え得る威力をもつ準空気銃として、所持が禁止されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

エアソフトガンの関連キーワード圧縮空気遊戯銃補説

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android