コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアドックス airdox

世界大百科事典 第2版の解説

エアドックス【airdox】

石炭鉱山など,火薬類の使用が制限されるところで行われる無火薬爆破法の一種。炭層にせん孔された爆破孔に,一端に爆発膜を備えたパイプを挿入し,この管内に高圧の空気を圧入して起爆バルブを開き,高圧の空気を一気に吹き出させて炭層を破砕する。同様のものに,高圧の二酸化炭素(炭酸ガス)を用いるカルドックスcardox,特殊なガス発生剤を用いるハイドロックスhydroxがある。【山口 梅太郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android