エウゲニウス3世(読み)エウゲニウスさんせい(英語表記)Eugenius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウゲニウス3世
エウゲニウスさんせい
Eugenius III

[生]? ピサ
[没]1153.7.8. チボリ
イタリア人の教皇 (在位 1145~53) 。福者。シトー会士。本名 Bernardo Paganelli。クレルボーのベルナルドゥスの著『教皇鑑』 De considerationeは,教皇となった弟子エウゲニウス3世のために書かれたもの。元老院と対立してローマを逃れ,ウィティルボで第2回十字軍の檄を発し,ベルナルドゥスに説教させた。フランス,ドイツに迎えられ,幾度か教会会議を開いて聖職者と修院制度を改革。 1149年シチリア王の支援でローマに帰還 (52以後定住) 。 53年フリードリヒ1世とコンスタンツ条約を結び,帝冠を与えて教皇領の保全に関する支持を得た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android