コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウゲニウス3世 エウゲニウスさんせいEugenius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウゲニウス3世
エウゲニウスさんせい
Eugenius III

[生]? ピサ
[没]1153.7.8. チボリ
イタリア人の教皇 (在位 1145~53) 。福者。シトー会士。本名 Bernardo Paganelli。クレルボーのベルナルドゥスの著『教皇鑑』 De considerationeは,教皇となった弟子エウゲニウス3世のために書かれたもの。元老院と対立してローマを逃れ,ウィティルボで第2回十字軍の檄を発し,ベルナルドゥスに説教させた。フランス,ドイツに迎えられ,幾度か教会会議を開いて聖職者と修院制度を改革。 1149年シチリア王の支援でローマに帰還 (52以後定住) 。 53年フリードリヒ1世とコンスタンツ条約を結び,帝冠を与えて教皇領の保全に関する支持を得た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エウゲニウス3世の関連キーワードサンジミニャーノ参事会教会ヒルデガルト[ビンゲンの]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android