コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウゲニウス4世 エウゲニウスよんせいEugenius IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウゲニウス4世
エウゲニウスよんせい
Eugenius IV

[生]1383. ベネチア
[没]1447.2.23. ローマ
イタリア人の教皇 (在位 1431~47) 。アウグスチノ隠修士会士。本名 Gabriele Condulmaro。 1431年バーゼル公会議が公会議首位説を決議するや,これに反対して公会議を解散。ドイツ諸侯の圧迫のもとに 33年解散令を撤回。のちフィレンツェに亡命。トルコの圧迫を受けた東ローマの使節をフェララ公会議に迎え,39年フィレンツェに移った公会議で東西教会の合同を達成。同年バーゼル公会議派による対立教皇フェリクス5世の擁立をみたが,43年ローマに帰還。翌年十字軍を起したものの敗退。 47年,死の直前に政教条約によってドイツとの和解が成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エウゲニウス4世の関連キーワードサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂フーケ(Jean Fouquet)フェララ=フィレンツェ公会議サンタ・クローチェ聖堂フラ・アンジェリコウワディスワフ3世フィレンツェ公会議ファルネーゼ家パウルス2世フィラレーテカルメル会ローマ大学ビオンドフーケ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android