エウゲニウス4世(読み)エウゲニウスよんせい(英語表記)Eugenius IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウゲニウス4世
エウゲニウスよんせい
Eugenius IV

[生]1383. ベネチア
[没]1447.2.23. ローマ
イタリア人の教皇 (在位 1431~47) 。アウグスチノ隠修士会士。本名 Gabriele Condulmaro。 1431年バーゼル公会議が公会議首位説を決議するや,これに反対して公会議を解散。ドイツ諸侯の圧迫のもとに 33年解散令を撤回。のちフィレンツェに亡命。トルコの圧迫を受けた東ローマの使節をフェララ公会議に迎え,39年フィレンツェに移った公会議で東西教会の合同を達成。同年バーゼル公会議派による対立教皇フェリクス5世の擁立をみたが,43年ローマに帰還。翌年十字軍を起したものの敗退。 47年,死の直前に政教条約によってドイツとの和解が成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android