コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウストラタイト eustratite

岩石学辞典の解説

エウストラタイト

カリ─モンチク岩に相当するランプロファイアの脈岩で,橄欖(かんらん)石,オージャイト,融食した角閃石と斜長石のまばらな斑晶が,アルカリ長石,オージャイト,黒雲母などと無色のガラスからなる石基に含まれる.主にオージャイトのマフィック鉱物は岩石全体の半分近くを構成する[Ktenas : 1928].ギリシャ,アエギアン(Aegean)島,ハヒオス・エウストラティオス(Haghios Eustratios)島に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報