コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウセビオス[ニコメディアの] Eusebios

世界大百科事典 第2版の解説

エウセビオス[ニコメディアの]【Eusebios】

?‐341ころ
ニコメディア主教(?‐339)。アリウス派の4世紀前半の中心人物。追放されたアリウスを擁護したが,ニカエア公会議の決議には署名した。のち皇帝コンスタンティヌス1世とのつながりを利用して,ニカエア派のアタナシオス,エウスタティオスなどの追放を画策した。コンスタンティヌス1世に洗礼をほどこし(337),コンスタンティウス2世にも影響をおよぼした。339年よりコンスタンティノープル主教。【森安 達也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

エウセビオス[ニコメディアの]の関連キーワード取締役総合年表(ヨーロッパ)特定化学物質の把握と管理・促進法PRTR六角川奈良の観光県内自治体の被災地応援ミニマムアクセス(MA)米農産物の重要5項目姫路空襲