コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウセビオス[ニコメディアの] Eusebios

1件 の用語解説(エウセビオス[ニコメディアの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エウセビオス[ニコメディアの]【Eusebios】

?‐341ころ
ニコメディア主教(?‐339)。アリウス派の4世紀前半の中心人物。追放されたアリウスを擁護したが,ニカエア公会議の決議には署名した。のち皇帝コンスタンティヌス1世とのつながりを利用して,ニカエア派のアタナシオスエウスタティオスなどの追放を画策した。コンスタンティヌス1世に洗礼をほどこし(337),コンスタンティウス2世にも影響をおよぼした。339年よりコンスタンティノープル主教。【森安 達也

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エウセビオス[ニコメディアの]の関連キーワードクラスメディアコメディアデラルテコメディアンコメディーコメディアエルディータコメディカルホームコメディーミクストメディアメディアリサーチラブコメディー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone