エクテシス(英語表記)ekthesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エクテシス」の解説

エクテシス
ekthesis

ギリシア語の ek (外へ) +tithēmi (立てる) という動詞から派生した名詞ホメロスでは「投出す」という動作を意味していたが,次第に「呈示」「例示」などの意味で使用され,哲学における抽象作用 (アブストラクション) の原義となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android