エグナチウス・ルフス(英語表記)Egnatius Rufus, Marcus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エグナチウス・ルフス
Egnatius Rufus, Marcus

前1世紀頃のローマの政治家。前 21年按察官 (アエディリス ) 。翌年法的期間を待たず法務官 (プラエトル ) となる。前 19年アウグスツスに予定されていた執政官 (コンスル ) の座をねらい,東方から帰還の途中アウグスツスを殺そうとして発覚,処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android