コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコ・ステーション エコステーションecology gas-station

2件 の用語解説(エコ・ステーションの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エコ・ステーション
エコステーション
ecology gas-station

ガソリン,軽油のかわりに電気,天然ガスメタノールなどのクリーンエネルギーを使う自動車がエネルギーを補給する場所。その施設として,通産省は 1992年4月,既存のガソリンスタンドを利用する方針を決めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エコ・ステーション

低公害車に天然ガス、メタノール、電気などのクリーンエネルギーを供給する燃料施設。建設とその後の施設運営に対し、経済産業省外郭団体エコ・ステーション推進協会」を通じて国から補助金が出る。93年からスタートし、今年3月末現在で全国355カ所にできた。天然ガスを扱う施設がうち265カ所と最も多く、全体の7割を占める。天然ガス車は全国に2万7605台あり、その大半は大手運送会社のトラックや国や自治体などの公用車。

(2006-07-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エコ・ステーションの関連情報