コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エシュダル えしゅだる

世界大百科事典内のエシュダルの言及

【イシュタル】より

…イナンナ,イシュタルは楔形文書に最も頻繁に現れる女神で,その祭儀はウルク,キシュのほか多くの都市で見られた。イナンナはウルク古拙文書(前3000年ころ)に,またイシュタルはエシュダルEshdarという古名で古アッカド時代の文書に既に検証される。イシュタル(イナンナ)をアヌ(アン)の子とする伝承のほか,エンリルの子とする伝承もあり,その系譜は不明。…

※「エシュダル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone