コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エジプトへの逃避 エジプトへのとうひFlight into Egypt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エジプトへの逃避
エジプトへのとうひ
Flight into Egypt

キリスト教美術の主題。『マタイによる福音書』2章 13~23によれば,イエス・キリスト降誕後,養父ヨセフは,夢に天使の告知を受け,ヘロデ王の嬰児虐殺のたくらみを避けてマリアとともにエジプトに逃れ,しばらくとどまったのちナザレに帰った。外典福音書やさまざまの伝承がこの出来事に多数の幻想的な物語をつけ加え,多くの美術作品に表わされた。幼児イエスを抱くマリアが子馬に乗り,袋と杖を持つヨセフが従うという旅の場面が最も一般的であるが,そのほか,しゅろの奇跡,途上での休憩,非キリスト教神像の墜落,エジプトからの帰還などの場面が描かれた。作品例はジョットによるパドバスクロベーニ礼拝堂壁画 (1305頃) ,M.カラバッジオによるローマのドリア・パンフィリ美術館所蔵のもの (1595/6) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone